家庭用キャビテーションの効果的な使い方!使用時間・頻度を徹底解説

エステに通うのは難しいし費用も気になると考えている場合、家庭用キャビテーションを利用するという方法があります。

現在では自宅で手軽にキャビテーションが出来る時代になりましたので、それを生活に取り入れることで理想の体型も夢ではなくなりました。

キャビテーションとは何か、それを利用するメリットや注意点を知ることで、痩せたいと言う悩みを解消することに繋がります。

キャビテーションの効果的な使い方も知っておけば、より高い痩見効果も得られるでしょう!

そもそもキャビテーションとは?

キャビテーションとは、超音波の力を使い体内の脂肪を溶かし脂質細胞を破壊することです。

この原理を使用して脂肪を簡単に除去することが出来るのが、エステなどで用いられる「キャビテーション痩身法」と呼ばれています。

キャビテーションは超音波を使用する為痛みなども感じませんし、短時間で脂肪分解が出来る注目の痩身法なのです!

自宅で簡単!家庭用キャビテーションの使い方

キャビテーションは基本的に専用の機器を使用する為、通常はエステなどに行かないと施術が出来ません。

しかし現在では家庭でも簡単にキャビテーションが出来る家庭用の機器も登場しており、誰でも簡単に痩身法を利用することが出来ます。

家庭用キャビテーションは自宅で使用することを考えて作られているので、エステ用などと比べると作りも簡素化されています。

そのため初めて使用する人でも簡単に操作でき、誰でも手軽に脂肪分解を実感することが出来ます。

家庭用キャビテーションの特徴としては、比較的安価に購入することが出来、安全性を最優先にして作られています。

メーカーごとに価格や性能に違いがありますが、どの機器を使用しても一定の効果をえることができるため手軽に痩せたいと考えている人やエステに行く時間が無い場合には最適です。

どのくらいの頻度で使用するのが理想的?

家庭用キャビテーションを使用する場合、定期的な使用が最も効果を発揮します。

一度使用しただけでは体内の脂肪を溶かしきれませんし、脂質細胞を破壊するにも時間がかかるので継続的な利用が必要です。

そのためどれくらいの頻度で使用すればいいのかを正しく理解して使うことが効果を実感するために必要となるでしょう。

週に三回くらいが目安

家庭用キャビテーションを使用する目安は、週に三回程度が理想的です。
これは2日に1回といった定期的な利用となるので、キャビテーションを行う時間を確保して習慣化しておくと良いでしょう。

定期的に使用すれば脂肪を溶かし痩せる効果が持続しますし、効率的に脂質細胞を破壊することが出来ます。

1回あたり15分~20分程度の時間が目安

自宅でキャビテーションを使用する場合、気になるのがどれくらいの時間が必要かという事ではないでしょうか。

あまりにも時間がかかりすぎるのであればなかなか継続することが出来ませんので、自宅でキャビテーションを行うのも面倒になる可能性があります。

基本的にはどの機器でも1回あたり15分~20分程度の時間が目安となりますので、それほど時間がかかると言うことは無いでしょう。

15分~20分程度であれば、寝る前などほんの少し時間を取ればキャビテーションの利用が可能です。

家庭用キャビテーションの効果を高める方法

家庭用キャビテーションを使用する際には、出来るだけ効果を高める方が脂肪分解による痩身を実感できます。

もちろん何もせずに使用しても一定の効果は得られますが、ほんの少しの工夫でより高い痩身効果を得ることが出来ます。

これは家庭用キャビテーションをいつ使用するのかにも繋がるので、効果を高めたいのであれば必ず押さえておくポイントとなります。

入浴後など、体が温まっている時に使用する

キャビテーションの効果を高めるには、入浴後など体の体温が上昇している時がおすすめです。

体温が上昇し体が温まっている時は、脂肪も柔らかくなっているため超音波による分解がスムーズに出来ます。

お風呂以外にもサウナ後やヒートマットなどを使用して体を温めた後に使うのも効果がさらにアップします。

トリートメント後にはマッサージをする

キャビテーショントリートメントを行った後には、必ずマッサージをするのが鉄則です。

これはマッサージをすることで融解した脂肪を排出しやすくするためです。
超音波で融解した脂肪もそのままにしておくとまた固まってしまうので、そうなる前にリンパ節へと流し排出しやすくすることが重要です。

有酸素運動を取り入れると効果アップ

キャビテーションを行う前に有酸素運動を取り入れるのも効果アップに繋がります。
有酸素運動をすると体内の脂肪が燃焼しやすい状態になります。

これはキャビテーションにより融解した脂肪が燃えやすくなることに繋がる為、痩身効果を高めることが出来ます。

ラジオ波やEMSを備えているマシンを選ぶ

キャビテーションのマシンを選び場合、ラジオ波やEMSを備えているものをチョイスするのも重要です。

ラジオ波は気になる部分に照射することで細胞を振動させ体温を上昇させることが出来ます。
体温を上昇させることで脂肪融解をスムーズにできるので、より高い痩身効果が期待できます。

EMSは電気信号により筋肉を強制的に動かすことが出来るので、これも脂肪燃焼を高めキャビテーションの効果を高めることが出来ます。

ラジオ波やEMSが備わっているかどうかを確認してマシンを選ぶことで、プラスアルファの効果が得られるでしょう。

家庭用キャビテーションのメリット

家庭用キャビテーションのメリットはエステには無い手軽さが最大のウリとなります。

それ以外にも家庭用ならではのメリットがありますので、それを理解しておくことでより便利にキャビテーションを利用できます。

気になる部分に集中的に使用できる

エステの場合、決められたパーツごとにキャビテーションを行うため、気になる部分だけを集中的に使用するということが難しいと言えます。

しかし家庭用であれば何時でも気になる部分だけをキャビテーション出来ます。
そのため部分痩せも可能となり、理想的なボディを手に入れることも出来るでしょう。

エステに比べると安い

エステと比べた場合、家庭用キャビテーションは費用が安く済みます。
もちろん購入する際にはある程度の出費は必要ですが、エステのように何度も通いお金を払う必要が無く、トータルで考えるとかなり安価に痩せることが出来ます。

エステの場合1回あたり1万円程度の費用が必要で、継続的に通わないといけない為かなりの出費となります。

しかし家庭用の場合安価なものは1~2万円、人気の機種は5万円程度なので、エステと比べるとかなり出費が抑えられます。

複数の部位に使用できる

家庭用キャビテーションは複数の部位に使用可能です。

お腹や背中、太ももやふくらはぎといった部位だけでなく、二の腕や顔にも使用できます。
そのため気になる部分に集中的に使うだけでなく、1台で様々な部位に使えて便利です。

家庭用キャビテーションを使用する際の注意点

家庭用キャビテーションを使用する場合には、必ず使用法を守ることが前提となります。

使用してはいけない部位などもありますし、怪我をしている場合やアレルギーのある人、妊婦や病気を抱えている場合も使用できません。

脂質細胞を分解した場合、その処理で肝臓に負担がかかるので、肝臓に持病がある場合や飲酒といった負担がかかる行為にも注意しましょう。

キャビテーションの使用法を見直して、理想の体を手に入れよう

キャビテーションを自宅で使用する場合、正しい方法で使うのがとても重要です。

基本的に使用は自己責任となりますので、適当に使うのではなく使用法を見直し使うことで、トラブル無く痩身が出来るでしょう。

効果を高めるための方法を取り入れたり、キャビテーションに備わっている性能も確認してから購入することも、より高い効果を得る為に考えるべきポイントとなります。

上手にキャビテーションを利用することで、理想の体を手に入れることに近づけるでしょう!