家庭用キャビテーションの周波数ランキング!周波数で効果は変わる!?

痩身効果が高いと評判のキャビテーションですが、その効果は周波数によって大きく異なることをご存知でしょうか?

キャビテーションなら何でもよいわけではなく、周波数による違いを理解しておくことがとても重要になります。

周波数により何が異なるのか、自分に合った周波数は何なのかを知ることもキャビテーションを行う上では重要です。

サロンと家庭用の違いや費用面での差なども知っておくことで、より満足度の高いキャビテーションを利用できます。

キャビテーションマシンの周波数とは

特殊な音波で体内の脂肪を融解し脂質細胞を破壊できるキャビテーションですが、使用する機器によって周波数が異なります。

キャビテーションの周波数には複数の種類があり、その違いにより効果にも差が生じます。

周波数が小さいほど体内の奥深くにまで音波が届き、逆に周波数が大きいほど浅く広く音波を照射できます。

自宅で使用出来る家庭用キャビテーションにも、この周波数の違いがあるので自分に合ったものをチョイスする必要があります。

周波数別のキャビテーションマシンランキング

家庭用キャビテーションマシンを選ぶ際には、購入する前に機器の周波数を確認してから買わなくてはいけません。

このランキングでは25khz~330khzのマシンの中でも人気のものを紹介いたします。
自分の体形に合ったマシンを選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

25khz

MYCHWAY 40khz/25khzキャビテーション

中国のMYCHWAY社製の25khz対応キャビテーションです。

家庭用で25khzのものは非常に少なく、その中でも世界的に有名なのがMYCHWAYです。
25khzのキャビテーションは深部にまで音波が届くため、体の脂肪が厚い人でも内部の脂質細胞を破壊することが出来ます。

このMYCHWAYのキャビテーションは業務用としても使用可能な性能を誇っていますので、その効果は折り紙つきだと言えるでしょう。

日本でも購入可能で、楽天市場などで買うことが出来ます。
25khzと40khzの両対応で価格は124,000円程度となっています。

30khz

Cavi-FR-キャビフル-

30khzのキャビテーションマシンは、主にサロンで使用されています。

そのため家庭用としての製品は無く、業務用として販売されています。

その中でもキャビフルは30khzの超音波とラジオ波、さらに赤色LEDによる肌活性の3つの施術が一度に行えます。
そのため単体のキャビテーションマシンよりも痩身効果が高く、便利なオールインワンモデルと言えるでしょう。
価格は業務用なので180万円と高額ですが、効果は高いと言えます。

40khz

MYCHWAY家庭用 3in1 40KHzキャビテーション+ラジオ波

MYCHWAYの40khzキャビテーションマシンです。

3in1マシンなので、40khzキャビテーションと体用3極ラジオ波、顔用ラジオ波が使用出来ます。
40khzに周波数を絞っているので価格も安価で、7万円程度で購入できます。

330khz

ヤーマンキャビスパRFコア
330khzのキャビテーションマシンは全体的に安価なモデルが多く、その中でも人気が高いのがヤーマンのキャビスパRFコアです。

330khzのキャビテーションと1Mhzのラジオ波が使用出来、効率よく脂肪を分解できます。
価格も3万円弱と安価なので、初めてキャビテーションマシンを購入する人にもおすすめです。

周波数で変わる効果の違いとは

キャビテーションマシンには周波数の違いがあり、それにより脂肪融解の効果も変ります。

周波数が小さいほど奥深くにまで音波を届けることが出来ますが、その分体への負担も大きくなります。
逆に周波数が大きければ浅い部分しか音波が届かない代わりに、体への負担も軽くなる為安全性が高くなります。

周波数が小さければ、衝撃は大

周波数が小さければ小さいほど、その音波は体の奥深くにまで届きます。

これは体内の脂肪をピンポイントで融解させることが出来ますし、脂質細胞も内部で破壊することが出来るわけです。
しかし周波数が小さくなればその分だけ衝撃は大きくなり、体に感じる振動も大きくなります。

周波数が小さい場合、骨にまで振動が伝わることも有り、それが不快に感じることも有ります。

周波数が大きくなれば、衝撃は小

家庭用のキャビテーションマシンはその多くが330khzといった周波数の大きなものとなっています。

周波数が大きくなると深い部分の脂肪を融解するだけの音波を届けることが出来ませんが、体への衝撃は小さくなるため安全性も高まります。
衝撃が小さいほど不快に感じることも無くなりますし、骨に響くようなこともないので体への負担も軽減されます。

自宅で定期的に使うものは体への負担を考慮するのが大切

サロンでキャビテーション施術を受ける場合、専門のスタッフが適切な作業を行います。
そのため体への負担も考えながら回数を分けて施術をすることになるわけです。

しかし自宅で使用する場合には定期的に自分でマシンを使用することが多くなります。

そのため体への負担を考えて機器を選ばなければいけません。
自分でキャビテーションをすると言うことは、全てが自己責任となりますので何かあった際にも自分で対処することになります。

そう考えた場合、効果ばかり求めず安全性を第一に考えた機器選びが必要でしょう。

安全を確保した上でマシンを使うのが安心してキャビテーションを行うための基本となります。

周波数による副作用や注意点とは

周波数による副作用としては、音波による振動が骨にまで伝わりそれが体に対して悪影響を与えることがあります。

特に周波数が低くなれば骨を通じて振動を感じやすくなりますし、低い周波数の音が耳に残ることも有るでしょう。

そのため振動や音という問題も理解しておかなければいけません。

キャビテーションと音の関係とは?

キャビテーションと切り離せないのが音との関係性です。
キャビテーションでは特殊な音波を使用するわけですが、この音波というのは音の波ですので必ず音が発生します。

人の耳では聞こえない音波を使用しているので家庭用の場合はそれほど音が気になることはありません。

しかし周波数が低くなればその音波が耳障りに感じる場合も有りますし、それが施術後にも耳に残ることもあります。

家庭用と業務用キャビテーションの比較

家庭用と業務用のキャビテーションを比較した場合、そこには大きな違いがあることが分かります。
これはサロンで使用する業務用と、一個人で使用する家庭用と言う用途の違いが関係しています。

業務用の場合治療に近い施術というイメージですが、家庭用は手軽に脂肪を減らすための道具と言う意味合いが強くなっています。

周波数

業務用のキャビテーションは25~30khzの周波数を採用しています。
これはより深い部分の脂肪を誘拐させ、痩身効果を高めるためです。

家庭用のキャビテーションの場合は低い周波数を使用しているものはほとんどなく、30khzに関しては皆無と言えます。

業務用の機械は性能を高めより確実に脂肪や脂質細胞を破壊することを目的としているため、周波数に関しても家庭用とは全く違うものだと考えた方が良いでしょう。

一方家庭用マシンの多くは330khzを採用しており、自宅で手軽に脂肪融解が出来るようにコンパクトな作りにもなっています。

この周波数の違いにより痩身効果にも差が生じますが、家庭で空き時間を利用して気長に脂肪を除去したい場合は家庭用がオススメです。

家庭用マシンにかかる費用とサロンでの費用

家庭用マシンにかかる費用は周波数によって異なりますが、安価なものは3万円程度から購入できます。

高額なマシンでも10万円程度で買うことが出来、定期的な利用を考えた場合にはコスパはかなり良いと言えるでしょう。

サロンの場合キャビテーション施術は1部位あたり1万円程度の費用が平均となっています。
サロンによってこの費用は大きく異なりますので、あくまでも平均的な金額だと考えておきましょう。

もちろんキャビテーションは定期的に通う必要があるのでトータルの費用は通った分だけ高くなりますし、施術する部位が増えればその分だけ費用負担が増えていきます。

そのためサロンでのキャビテーションに関しては家庭用よりも費用負担が多くなると考えておく方が良いでしょう。

キャビテーションマシンの購入は周波数も気にしてみよう!

家庭で気軽に脂肪融解のキャビテーションが出来るマシンですが、購入する際には周波数を必ず確認する必要があります。

周波数によってその効果も届く距離も変りますので、それを理解しておかないと思っているような効果を得られません。

副作用や音の問題なども正しく知っておけば、対処も可能ですしより安全にキャビテーションを利用できます。

自分の体形を考えて周波数を気にしてマシンを選ぶことで、満足できるキャビテーションが可能となるでしょう!